四代田辺竹雲斎

日記DIARY

3.29

インスタレーション制作 作品完成!

今回は大きなハプニングもなく、順調に作品が完成できました。
皆さん本当に協力していただき感謝の気持ちでいっぱいです。
サンパウロのみなさんの温かく陽気な人柄に最高に楽しんだ滞在でした。
タイトルは「Connection」
ブラジルと日本。正反対の場所に位置し、人種・宗教・思考すべてが違う二国。
またく異なる二国をつないできた人。その人のつながりを竹のインスタレーションにしました。

3.25

ブラジルサンパウロ・JAPANHOUSE

インスタレーション制作。
空間がとても綺麗なので、制作しやすいです。和紙や木材を使った建築は、竹にとても合います。

気候も人もとても良く、皆さんに親切にして頂いています。

今日はJAPANHOUSEの館長さん宅でパーティーをして頂きました。

ロサンゼルスやロンドンのJAPANHOUSEの関係者も来られ、賑わいながらシュラスコ頂きあまりの美味しさにびっくり。ブラジルを感じる一日になりました。

3.23

サンパウロに来ています。

襲名後の初仕事はブラジルです。サンパウロに来ています。
JAPANHOUSEは外務省が.ロンドン・ロサンゼルスそしてサンパウロに新たに作る文化施設です。

2017年5月にサンパウロが最初にオープン。

一番初めの展覧会が竹の展覧会です。

そのJAPANHOUSEでインスタレーション制作です。

今日は打ち合わせ。

とても綺麗で、立派な施設。カッコいいです!明日からの制作が楽しみ。

3.19

四代田辺竹雲斎を襲名いたしました。

本日、四代田辺竹雲斎を襲名いたしました。
父・三代竹雲斎が他界し3年が経ちました。小竹という名も慣れ親しみましたが、本日をもって竹雲斎となります。

曽祖父である初代竹雲斎が竹を始めたのが明治22年(1889年)。

今日まで四代に渡り竹雲斎という名を、技と心とともに受け継いできました。

竹雲斎という名は私にとっては大きい名です。歴代竹雲斎の名に恥じぬよう今後とも精進してまいりたいと存じます。ご指導の程宜しくお願い致します。