四代田辺竹雲斎

日記DIARY

6.30

Gallery Talk - Collaboration with Ms. Sawako Kaijimaギャラリートーク 貝島佐和子氏とのコラボレーション

シンガポールの建築教授・貝島佐和子さんのジオメトリックデザインとのコラボレーション作品はこの展覧会の見どころでもあります。

アルゴリズムや3Dプリンタを使い「伝統工芸×テクノロジーの融合」に挑戦した新しい作品「Disappear」シリーズ

初日に貝島さんとトークをしました。

 

 

四代竹雲斎を襲名するにあたり

「四代竹雲斎の挑戦とは何か?」

と模索していた頃、貝島佐和子氏と出会いました。

彼女の作品を見た瞬間の衝撃は今でも忘れることができません。

 

私の想像をはるかに超えた新しい世界がそこにありました。未来を感じ、心を駆り立てられる何かを見ました。

このコラボレーションは四代竹雲斎としての私を未来に導いてくれると感じています。

 

異分野である工芸とテクノロジーとの融合。それは伝統を発展させながら後世につなげていくための新たな可能性なのです。

 

 

To keep tradition is to keep challenging.” ― I was determined to make this family precept the base of my work when I succeeded to the title of Chikuunsai IV. Tradition is not built up by repeating the same; it can only be created through constant challenge. While searching for the challenges assigned to Chikuunsai IV, I got to know Ms. Sawako Kaijima.

When I first met Sawako Kaijima and saw her work, I was shocked. I saw a new world beyond my imagination. I felt something urging me toward the future – something guiding me toward a collaboration with her. A fusion of traditional art and technology – I feel that is the new potential for passing down traditional art while continuing to develop it.

6.29

Memorial exhibition become Tanabe ChikuunsaiⅣ at Nihonbashi Takashimaya四代田辺竹雲斎襲名展 初日 東京日本橋髙島屋

 

今日は日本橋高島屋
襲名展の初日でした。

作品に 佐野珠寶さんが献花をしてくださり、展覧会のオープニングとなりました。

本当に美しく、皆さんを引き込んでくださいました。

 

展覧会に花を添えていただき、ありがとうございました。

 

この展覧会は3年の期間をかけて制作した作品です。

父が他界し、四代竹雲斎を継ぐことの重みや責任を肌で感じる毎日でした。

ここまで支えてくれた、妻と母に感謝致します。

 

またいつもともに過ごしている弟子入りしているスタッフのみんなにも感謝します。

 

初日が終わり少しホッとします。
展覧会は7月3日まで

7月1日は子供二人とデモンストレーションを行います!

明日から若宮さんが在廊してくれます!
若宮トークは7月2日
盛り沢山です。

 

Today was the first day of the exhibition at Nihonbashi Takashimaya.

In my work, Ms. ShuHo Sano who is a flower artist ,gave me a flower arrangement and it was the opening of the exhibition.

It was truly beautiful and she fascinated you.

Thank you for adding flowers to the exhibition.

This exhibition is a work that I made over 3 years.

It was everyday that my father passed away and I felt the weight and responsibility of inheriting the fourth generation bamboo chunkai in my skin.

I would like to thank my wife and my mother for supporting me so far.

I also thank you for all the staff who are also having disciples who are always spending time together.

I will be relieved a bit after the first day is over.
The exhibition will be held until July 3.

I will demonstrate with two children on July 1st!

Mr. Wakamiya will be present from tomorrow!
Wakamiya Talk July 2
It is a lot of fun.

6.27

Nihonbashi Takashimaya Front entrance Bamboo installation completed!日本橋高島屋正面玄関竹のインスタレーション 完成しました!

日本橋高島屋正面玄関 竹のインスタレーション 完成しました!

明日から6階美術画廊で四代田辺竹雲斎襲名展が始まります。

 

日経ビジネスオンラインに掲載された文章を抜粋します

 

竹のインスタレーション

『つながり=Connection』  文 十代目 萬屋五兵衛

6階美術画廊で7月3日まで 四代田辺竹雲斎襲名展

この作品は設置する場所の雰囲気を感じながら、その場で作成する「サイトスペシフィック・アート」と呼ばれる手法を適用している。竹雲斎がしばしば用いる代表的な表現方法でもある。

「80年を誇る百貨店の歴史と、初代が竹を使い始めて118年になる僕の家系の歴史を重ね合わせ、『つながり=Connection』をコンセプトにして作成しました。

人々の生活に寄り添ってきた百貨店が、周年を期に新しく進化しようしています。私自身も襲名というタイミングで歴史を受け継ぎながらも新しい時代を作ろうとしています。百貨店の進化のエネルギーと、私の襲名というタイミングをリンクさせて完成させました」

作品は、エネルギーの循環、成長していくパワー、要素と要素をつないでいくことを、竹という素材を使って表現されている。まさに現代アートそのものだが、支えている技術は太古から受け継がれているものだという。

「あの作品は、亀甲編みと呼ばれる竹工芸の独特の技法を使って制作しました。この編み方は実は、8000年前の縄文時代の遺跡からも発見されている、日本人が生み出した技法なのです。作品は現代アートですが、技術は超古典的な手法です」

5メートル四方を超える巨大な立体オブジェが、接着剤やくぎなどを一切使わずに自立できるのは、しなやかで弾力性に富んだ竹そのものの素質によるもの。その上、竹の素質を熟知していなければ決して表現できない造形である。

「インスタレーションをする理由の一つは、『竹はこんなこともできるんだ』と感じてもらって、そこから竹の魅力を知ってもらいたいからです。

竹は、アジアにしか生育していません。それを工芸品に使い、しかもその技術を芸術の域まで高めている地域は日本だけです。それだけ、日本人にとって竹は身近で魅力あるものと言えるでしょう」

Excerpts sentences published in Nikkei Business Online Bamboo installation “Connection”

 

This work applies the method called “site-specific art” which is created on the spot while feeling the atmosphere of the place where it is installed. It is also a representative expression method often used by Takeshi Bamboo. “The history of a department store boasting 80 years and the history of my family that will be 118 years since I first began using bamboo were superimposed and created with the concept of” Connection “. Department stores that are close to people’s lives are evolving newly in the anniversary. I myself is also trying to make a new era while inheriting history at the timing of assassination. I linked the energy of department store evolution with the timing of my name, and completed it. ” “That work was made using the unique technique of bamboo craft called honeycomb stitching.This knitting method is actually a technique that Japanese people have discovered from the remains of the Jomon period before 8000 years ago Although the work is contemporary art, technology is a super classic technique. ” A giant three-dimensional object exceeding 5 meters square can self-sustain without using any adhesive or nail because of the nature of supple and elastic elastic bamboo itself. Moreover, it is a model that can never be expressed unless you are familiar with the bamboo character. “One of the reasons for installing is because I feel that” bamboo can do this “and want to know the charm of bamboo from there. Bamboo grows only in Asia. It is only in Japan that uses it for crafts and raises that technology to the arts. For that reason, it can be said that bamboo is familiar and attractive to Japanese people. “

6.25

Bamboo Installation at Nihonbashi Takashimaya Front Entrance日本橋髙島屋正面玄関インスタレーション

 

日本橋高島屋正面玄関
インスタレーション公開制作

 

全体の形が出来ました。

明日は床面を完成させます。

 

毎日多くの方に話しかけて頂いています。
皆さん。
「頑張ってー」
「後少しー」
など声を掛けられます。
マラソン走ってるみたいです。

 

大きいので、マラソン走ってるぐらい編むの大変と思うのかな?

 

掛け声をかけられるのは初めての体験です。

 

 

 

 

Nihonbashi Takashimaya Front Entrance

Installation Publishing ProductionThe whole shape was made.
It is scheduled to be completed on Monday!

6.23

Bamboo installation at Nihonbashi Takashimaya Front Entrance日本橋高島屋正面玄関 竹のインスタレーション

 

日本橋高島屋正面玄関
インスタレーション

 

形が出来てきました.

展覧会前日の6月27日完成目指して制作しています!

 

 

四代田辺竹雲斎襲名展
6月28日〜7月3日
東京日本橋高島屋6階美術画廊

 

 

 

Nihonbashi Takashimaya Front Entrance
Bamboo installation

The shape has come.

We are making it aiming to complete the June 27 th the day before the exhibition!

Four generations Tanabe ChikuunsaiⅣ Exhibition
June 28 – July 3
Tokyo Nihombashi Takashimaya 6th Floor Art Gallery

6 th Floor Art Gallery
Four generations Takeya Tanabe Yunisai Investigation Exhibition
From June 28 to July 3