二代田辺竹雲斎

二代竹雲齋 「平成花籃」50 x 50 x 16cm

二代田辺竹雲斎Chikuunsai II Tanabe(1910-2000)

二代田辺竹雲斎(本命利雄)は明治43年大阪府堺市で初代竹雲斎の長男として生まれる。幼少の頃から竹芸をはじめ、大正4年5歳の頃、大阪三越にて初代の個展が開催され、従兄弟の光雲斎とニ人で席上製作(デモンストレーション)を行い、亀甲編みを見事に編み周囲の人を驚かせた 。
大正8年、9歳の時、初代竹雲斎が文人の教養として漢学者の土田江南の元に書を習わせる。晩年よく描いた絵は小さい頃から学んだ南画や書が根幹にある。大正14年、1 5歳の時初めての個展を開催するにあたり、初代より小竹雲斎の号を授かる。21歳で帝展に「播龍図盆(ばんりゅうのずほうぼん)を出品初入選。以後帝展、新文展、日展(文部省主催)に出品。日展では審査員、評議員を務め、昭和27年日展「螺旋文花籃」特選朝倉賞受賞。その後昭和34年大阪府芸術賞、昭和56年勲四等瑞宝章、昭和58年紺綬褒章を受ける。

透かし編みと荒編み

初代竹雲斎は唐物を得意とし、重厚な作品を制作したが、初代の没後昭和12年に二代竹雲斎を襲名し独自の作品を生み出す。特に透かし編みは二代竹雲斎の代表する技であり、光と影がもたらす美しさを竹の透かしによって表現した。亀甲編み、鱗編みを中心とした透かし編みを数多く手掛ける。代表作に透かし編みを三重にして製作した「流紋花籃」、日展出品作の「輪線紋花籃」「山暁花籃」などがある。
一方で鳳尾竹(ほうびちく)の煤竹(すすだけ)を用いた荒編み(荒く自由に編んだ籠)を得意とした。
繊細で清新な透かし編みに対し、竹の持つ自然の力や作家の感性で作る荒編みは、二代竹雲斎の魅力を最も引き出した作品となっていく。東京国立近代美術館工芸館所蔵の「飛雲」、第一回日展出品作の「森花籃」は鳳尾竹荒編みの代表作である。



Tanabe Chiku’unsai II (né Toshio) was born as the eldest son of Chiku’unsai I in Sakai, Osaka in 1910. He began working with bamboo craft from a young age, and in 1915, when he turned 5 years of age, he gave demonstrations of the craft with his cousin Kōunsai at his father’s private exhibition at Mitsukoshi Department in Osaka, impressing everyone with his skilled weaving in hexagonal pattern.
In 1919, when he was 9, his father made him study calligraphy under the Sinologist Tsuchida Kōnan to make him a man of letters. The drawings he made in his late years were the results of the Nanga painting and calligraphy he learnt during his childhood. He held his first private exhibition when he turned 15 in 1925 and was given the title Shōchiku’unsai by his father. At the age of 21 his first selected work for an exhibition was titled “Banryūzubon”. Thereafter he presented works at the Teiten (Imperial Academy art exhibition), the Shin-Bunten (new annual art exhibition sponsored by the then Ministry of Education) and the Nitten (Japan Art Exhibition organized also by the then Ministry of Education). He also served as a juror and councilor for the Nitten, before going on to win the Nitten Special Recognition Asakura Prize in 1952 for his “Flower basket with spiral motif”. He later received the Osaka Prefecture Art Prize in 1959, the Fourth Class of the Order of the Sacred Treasure in 1981 and the Dark-Blue Ribbon Medal in 1983.
Openwork weaving and free weaving
Chiku’unsai I was skilled in making Chinese-style objects and created imposing works. After he passed away, Shōchiku’unsai succeeded to the title of Chiku’unsai II in 1937 and began creating his own unique works. His openwork weaving in particular is representative of his skills and it allowed him to present the beauty of light and shadow to pass through. He created many pieces using openwork weaving, mostly of hexagon-pattern weaving and fish-scale-pattern weaving. His representative works included the “Flower basket with flowing pattern” made by overlapping three woven openwork pieces, the “Flower basket with ringed pattern” and the “Mountain-Morning flower basket” made for the Nitten, among others.
Besides that, he was also skilled in using soot-coloured bamboo of Bambusa multiplex cv. Fernleaf to create freely woven baskets. In comparison with the fine, fresh openwork weaving, free weaving brings out the natural strength of the bamboo and allows the artist to exert his/her sensitivity – this facilitated Chiku’unsai II to create works that embodied his fascinating craft to the fullest. His representative freely woven pieces made using Bambusa multiplex cv. Fernleaf include the “Flying clouds” in the Crafts Gallery of the National Museum of Modern Art collection and the “Forest flower basket” create for the first Nitten.

略歴Biography

1910(明治43年)
堺に生まれる。幼少より先代竹雲斎につき竹芸を学ぶ
1931(昭和06年)
帝展「播龍図盆」初入選 帝展・文展・日展に連年入選
1937(昭和12年)
先代没後襲名
東京・大阪・京都の高島屋で発表
ニューヨーク万国博、日本現代美術アメリカ展、ベルリン国際工芸品
1952(昭和27年)
日展「螺旋文花籠」特選朝倉賞
1953(昭和28年)
関西総合美術展審査員
1959(昭和34年)
大阪府芸術賞受賞
1960(昭和35年)
日展審査員
1962(昭和37年)
日本現代工芸美術展審査員
1963(昭和38年)
外務省制作海外向文化映画「現代日本の美術・工芸」 Living Arts Japanに出演
メキシコにおける日本の現代工芸美術展に出品欧州巡回の日本工芸展に出品
1964(昭和39年)
日本現代工芸美術展審査員
アメリカ巡回の日本の工芸美術展に出品
1965(昭和40年)
日展審査員
ベルリン芸術祭出品
1966(昭和41年)
ニューヨーク日本芸術祭出品
1967(昭和42年)
アメリカに各地に於ける第2回日本芸術祭に出品
1970(昭和45年)
大阪高島屋にて小竹と父子展を開く
1972(昭和47年)
毎日新聞社主催により大阪高島屋にて
竹雲斎竹芸三代展を開く
1973(昭和48年)
堺市より有功章を受賞
1975(昭和50年)
日展審査員
1976(昭和51年)
日展評議員
毎日新聞社主催により竹芸五十年記念(回顧) 田辺竹雲斎展を大阪高島屋にて開催
1979(昭和54年)
日本新工芸美術家連盟創立総務委員
1980(昭和55年)
第2回日本新工芸展出品「伸花籠」内閣総理大臣賞受賞 竹芸家有志11名により「竹人会」創立
1981(昭和56年)
勲4等瑞宝章
1983(昭和58年)
紺授褒章
1985(昭和60年)
国立近代美術館にて「竹の工芸近代に於ける展開」
2000(平成12年)
死去89歳

© Chikuunsai Tanabe All right reserved.