三代田辺竹雲斎

三代田辺竹雲斎Chikuunsai III Tanabe(1941-2014)

三代田辺竹雲斎、 本名久雄は昭和15年に大阪府堺市に生まれる。幼少から絵や工作が得意であった。小学生のころは父である二代竹雲斎が竹で割った際に出る竹の身の部分(廃材)で籠を作った。また父の弟子達と竹を割ったり、 編んだりと遊んでいた。
昭和31年大阪市立工芸高校金属科に入学。鋳金、 彫鍛金、機械を学んだ。工芸高校卒業後は初代竹雲斎の高弟である大久保尚竹斎に竹芸を学ぶ。その後武蔵野美術大学工芸工業デザイン科に入学。在学中は竹で照明器具、ハンドバッグなどを製作、卒業後堺に帰り、本格的に竹芸を始める。
この年日展に「直花籠(ちょくはなかご)」を初出品。初入選し作品は堺市に買い上げされる。この直花籠は三代竹雲斎の作品の特徴である矢竹(弓の矢に使用された竹)を丸竹で使い構成された最初の作品である。三代竹雲斎は日展初出品にあたり、 初代や二代とは違う自分のスタイルの作品を見出すことに悩んでいた。そんな時、幼少のころ疎開先である河内長野で遊んでいた矢竹を思い出す。素材の美しさ、緊張感に魅かれた。そして矢竹の先を点とし、 矢竹の真っ直ぐさを線とした。点と線の構成により面を作るスタイルが構築された。当時としては縁のない籠は珍しく、 若々しい竹を素直に用いたと評された。その後も矢竹の作品を積極的に作り展開していく。昭和40年日本現代美術展に出品初入選。日展出品作「輪象(りんしょう)」は外務省買上となる。輪象は矢竹を放射状に構築し建築性を持たした。
昭和44年二代竹雲斎から「小竹」の号を授かる。翌年大阪高島屋にて父子展を開催。
昭和46年に毎日新聞社主催「竹雲斎竹芸三代展」を開催する。昭和49年には日展作の「方(ほう)」が東京国立近代美術館に買い上げされる。
その後も日本現代工芸展、 日展、 大阪工芸展、 全関西美術展などを中心に
出品していく。平成3年51オで三代竹雲斎を襲名。大阪高島屋にて襲名展を開催する。以降2014年まで毎年大阪高島屋にて個展を開催。

Tanabe Chiku’unsai (né Hisao) was born in Sakai city, Osaka in 1940. Having talent at drawing and being skilled at handicraft since a young age, he was already making baskets using scrap bamboo parts discarded by his father Chiku’unsai II when he was in primary school. He enjoyed splitting and weaving bamboo with his father’s apprentices.
In 1956 he took up the Casting, Metalwork and Machinery class at Osaka City Kōgei High School. After graduation he learnt bamboo craft from Chiku’unsai I’s leading disciple, Ōkubo Shōchikusai. After that he went on to study Industrial, Interior and Craft Design at Musashino Art University. While there, he made lighting equipment, handbags and other items from bamboo, and after graduation he returned to Sakai to focus on bamboo craft.
It was in that year that he participated in the Nitten for the very first time with his “Choku Hanakago” flower basket, which was purchased by the city of Sakai. This flower basket was his first work using arrow bamboo (a type of bamboo used to make arrows and typically featured in his work). Before entering the Nitten, he had trouble deciding on a style of his own and different from that of Chiku’unsai I and Chiku’unsai II. It was then that he remembered the arrow bamboo that he used to play with in Kawachi-Nagano, where he stayed for evacuation during WWII, when he was little. He was fascinated by the beauty and the tension emitted by the material. He made the tip of the arrow bamboo as a point and the straight shaft as a line, creating a style that forms surface from these points and lines. His unique baskets were rare at the time and his unpretentious use of young bamboo won him praises. He continued to proactively create works using arrow bamboo, and in 1965 his entry in the Japan Contemporary Art Exhibition was selected for the first time. His “Rinshō” which he presented at the Nitten was purchased by the Ministry of Foreign Affairs — its architectural aspect is presented with arrow bamboo placed in a radial pattern.
In 1969 he received the title of Shōchiku from his father Chiku’unsai II, and jointly held an exhibition at Takashimaya in Osaka with his father the following year. In 1971 the “Three Generations of Chiku’unsai Bamboo Art” exhibition sponsored by Mainichi Shimbun was held. In 1974 his work “Hō” presented at the Nitten was purchased by the National Museum of Modern Art, Tokyo. Thereafter he continued to present works at the Japan Contemporary Arts and Crafts Exhibition, Nitten, the Osaka Arts and Crafts Exhibition, the All Kansai Exhibition and other exhibitions. In 1991, at the age of 51, he succeeded to the title Chiku’unsai III which he celebrated by holding an exhibition at Takashimaya in Osaka. After that and until 2014 he held a private exhibition at Takashimaya in Osaka every year.

略歴Biography

1941 (昭和15年)
大阪府堺市で二代竹雲斎の長男として生まれる 本名久雄
1956 (昭和30年)
父につき竹工芸を学ぶ
1959 (昭和33年)
大阪市立工芸高等学校金属工芸科卒業祖父の弟子大久保尚竹斎に学ぶ
1965 (昭和39年)
武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業 祖父の弟子塚由忠義に竹工芸を学ぶ
日展出品作 外務省買い上げ
1967 (昭和41年)
「此君展」(竹工芸家グループ展)
大阪大丸にて1971年まで開催
1968 (昭和42年)
日本現代工芸美術展作 高松ノ宮家蔵
「父子展」 堺高島屋1969 (S44) 父から小竹の号を授かる
1970 (昭和45年)
「父子展」 大阪髙島屋
1971 (昭和46年)
日本現代工芸美術展「北欧展」 読売新聞社賞
竹雲斎竹芸三代展 (毎日新聞社主催) 大阪髙島屋1972 (S47)
日本現代工芸美術展 カナダ・アメリカ展
1973 (昭和48年)
日本現代工芸美術展 トルコ展
1974 (昭和49年)
日展作 東京国立近代美術館買い上げ
1975 (昭和50年)
「父子三人展」(父・弟) 大阪髙島屋
1977 (昭和52年)
「大阪工芸展」 知事特別賞
1980 (昭和55年)
個展 大阪髙島屋
1982 (昭和57年)
個展 朝日画廊(朝日新聞社選抜)
1984 (昭和59年)
「日本デザイン伝統と現代」展 (西武美術館主催)モスクワ
1985 (昭和60年)
「竹の工芸近代における展開」展
1984 (昭和61年)
「工芸-世紀末の旗手たち」展 (サントリー美術館主催)
1989 (平成1年)
「くらしの器」展 サンパーク美術館
1991 (平成3年)
三代竹雲斎襲名 「襲名展」 大阪髙島屋
「父子三人展」(二代竹雲斎・小竹・陽太)伊丹市立工芸センター1992 (H4)
個展 大阪髙島屋 以降2005年まで毎年開催
1995 (平成7年)
「竹工芸-現代の名工」展 別府竹細工伝統産業会館
1997 (平成9年)
個展 米子髙島屋
1998 (平成10年)
「アジア大会竹芸展」 タイ国教育省主催 タマサート大学個展 JR名古屋髙島屋
2000 (平成12年)
「日本の竹芸展」 NYアジアソサエティー
「竹雲斎FAMILY展」 コートランドギャラリーボストン2002 (H14)
「BRIDGE」展 フローレンスリンチギャラリー NY(USA)
2003 (平成15年)
「BRIDGE」展 ウエリントン ニュージーランド個展 JR名古屋髙島屋
2004 (平成16年)
「BRIDGE」展 韓国
2006(平成18年)
「竹雲斎歴代四代展」ルース&シャーマンリー日本美術研究所
2007(平成19年)
「竹の名承 コッチェンコレクションに見る竹芸の伝承」サンフランシスコアジア美術館 (USA)
NHK教育テレビ「美の壺『花籃』」に出演
「Beyond Basketry」ボストン美術館 (USA) 竹雲斎歴代四代の作品ボストン美術館蔵 2008 (H20)
「竹雲斎歴代展」タイギャラリ-,サンタフェ(USA)
2009 (平成21年)
「日本現代工芸美術展」現代工芸賞
竹雲斎歴代四代の作品 大英博物館蔵
「田辺竹雲斎・小竹 竹芸展」大阪高島屋
2010 (平成22年)
「日本と別府の竹工芸展」クリエイティブデザインセンター タイ
「近代の編組・竹のアート」クローコレクション,ダラス(USA)
2011 (平成23年)
「古希展」大阪高島屋美術画廊
2014 (平成26年)
74歳 死去

© Chikuunsai Tanabe All right reserved.